« 稲刈り | メイン | チャレンジ縄跳び »

2019年10月24日 (木)

第2回研究授業「3年生国語科『ちいちゃんのかげおくり』」

 本校は、「対話的活動を通して、言葉による見方・考え方をしなやかに働かせることのできる児童の育成」というテーマで研究を進めています。その取組を検証するための2回目の研究授業を月曜日(21日)に実施しました。

 子供たちは、叙述を根拠に自分の解釈を発表し合っていましたが、授業の半ば過ぎあたりで「ええっ、どっちか分からなくなってきた。」と、自分の考えを見直す必要があることに気付きました。

「あれは、いい瞬間だったですね。」と、全職員が微笑む場面でした。

”分かったら、新たに分からないことが出てくる。だから、学びが連続する。”

 私たちは、そのような学びの姿を目指しています。

Img_5433

Img_5434

Img_5437

Img_5444

Img_1188_2

Img_1190

Img_1200

Img_5485

コメント

コメントを投稿